8月の分裂「ハードフォーク」後ビットコインの送金の延滞は無くなったのか?少額手数料での送金を検証してみた。

 

こんにちは。仮想通貨バンザイ!ULIBUDDHAです。

 

今日は、2017年の8月8日のお昼ですが、1ビットコインの価格は、なんと現在39万円を超えています。

 

ビットコインは、先月中ごろ8月1日のハードフォークに向かっての分裂後の恐怖から一時は21万円付近まで値を下げていました。

 

そこから値を上げての現在の39万円でございますから、今回のハードフォークは成功しているものだと思うのですが、実際のところどうなんでしょうね、確かに今年に入って少額のビットコインの送金では筆者も最大3週間以上待たされました。と言うか、同じ口座で手数料を約300円に設定して送金するまで、過去の少額手数料での送金は全て止まっている状況でございました。

 

異次元に飛ばされた!とか、亜空間に消えた!とか掲示板やTwitterなどでもビットコインの送金については酷いものでしたよね、、

 

では、現在の状況はどうなのでしょう?

 

試しに0.0001BTCをIndieウォレットより手数料6円でザイフの自己口座に送金してみます。

 

さあ、どうなりますか?フォーク後初めての少額送金でございますが、、

 

やはり、直ちに直ぐとはいきませんね、、「承認中です」となるのですが、ここから何分?何時間?で、飛んでいくのかが問題でございまして、、

 

ザイフ側ではすぐに未確認トランザクションとして確認はできましたが、、

 

 

やはり、承認中は続くようですね、、

 

面倒ですが、30分ごとに更新をかけながら待ってみたいと思います。

 

承認後に続く、、こうご期待!

 

と、言うのもつかの間でした。

 

約1時間で承認されましたので今回のハードフォークは技術的な意味では「効果あり」と言えるのではないでしょうか

 

今回は約38円のビットコインの送金を手数料約6円でとばしてみましたが、理論通り55分ほどで承認されました。

 

しかしながら、実際にお店でこの様に支払った場合は、「55分もかかるのでは、どうかな?」とも思うのですが、、

 

ハードフォーク以前みたいに、「亜空間」や「次元のはざま」といった少額の送金についての問題は解決されたとし、

 

この記事を締めくくろうと思います。

 

では皆さん、よい投機を!

 

ULIBUDDHAでした。

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。