バシャール実践支援①統一性を持ったワクワクとは何か?瞑想を使って考察する。

 

バシャール! 私は、望む現実を創りたいのでが、どうすれば良いですか?

 

もちろん、彼はこう答えるでしょう、

 

 

統一性を持ったワクワクを行動してください、、

 

 

 

統一性っていったい何?

 

バシャールの言うところの「統一」とはやはり「ポジティブである」と言う事ではないでしょうか、、

 

そして、彼の言うところのポジティブとは、地球人の一般的な回答である「肯定的」「積極的」などとは少し異なり、、いや異なってはいないのかも知れないが、第4密度の世界から発信する彼の説明は更にシンプルであり、軽やかで本質に迫るものであるのです。

 

ポジティブ➡ 一つにする。統合する。

 

ネガティブ➡ 分離する。分割する。

 

 

 

単純化されすぎて我々人類には分かり難くも感じてしまうと思うのですが、

 

つまり、彼の言うポジティブとは、「統合する考え」であり、ネガティブとは「分離する考え」、というふうに受け取ってみたらどうでしょう。

 

 

 

そうすると、ここでまた、ひとつの疑問が生まれます。

 

 

何に対して統合する考えなのか?また何に対して分離する考えなのか?

 

 

これには、もう筋の悪い筆者などは、本当に長きにわたって悩んだものでございます。

 

 

 

もう、これは答えから先に言ってしまうと

 

 

 

本当の自分

 

 

かな?

 

 

 

この部分は、たとえバシャールの実践家の方であっても「あ、これだ」とピンとこない方も多いのではないでしょうか、、実に筆者もそうであったように、現代の人類と言ったものは、その多くが何が本当の自分なのかを忘れてしまっているようでございますから、、

 

 

 

もちろん、「本当の自分を忘れる」という行動の選択が悪いと言う訳では無いと、バシャールも度々言っていますし、その選択においては、どちらの選択であろうが等価値であるとも言っていました。

 

 

只々、、

 

 

 

長い間、信じてきた、大事な信念形態ではあるのだろうけれども、、

 

 

 

そろそろ、あなたの現実から、その価値を奪うモノに光を当てみても、

 

もう怖くない世界になっていたりするのかもしれませんよ、、

 

 

 

そろそろ、「すりこみ」と「すりかえ」を信じていようした

 

 

 

その選択をした事を思い出す頃ではなかろうか、

 

 

 

もともと、それらは第3密度を生きる為に必要な、とても大事なツールであったのだし感謝すべきものでもあるのだけれども、、

 

だから、沢山集めて回ったね、、本当にたくさん集めてきたんですよ、、

 

 

 

お父さん、お母さんも優しく、優しく教えてくれました。感謝しか無いのですが、、

 

 

それに愛がなかったと誰が言えるでしょう、、

 

 

感謝しか、感謝しかないのです。

 

 

 

 

信念体系を別の場所から見直す。瞑想思考25%チャネリング状態?

 

 

 

燕よ、高い空から、、教えてよ、地上の星を、、

 

 

 

 

毎日忙しく、複雑な問題に対処し、ビジネスで結果を出す

 

 

 

システムは上から順に、「利益を上げろ」と支持をだす。

 

 

 

まず対処しなくてはいけないのは、その為の作業であったり、その為に頭脳を使う事になってしまう、、

 

 

 

働かざる者食うべからず

 

 

 

サラリーマンであれ、経営者であれ、善良なる市民はこれに多くの時間を奪われる

 

 

 

大事なのは、その作業を上手くこなす事であり、いつの間にかそれ以外の思考が停止している。

 

 

 

悲しいかな、地表人、、

 

 

 

大いなる嘘を見抜き、自由にいたれ、、

 

 

 

本当の自己とは物質にあらず。

 

 

 

現実のテーマに翻弄される場所から去れ、

 

 

 

錯覚する自己に気がついたならば、無限の価値を手にしたも同じ

 

 

 

瞑想せよ、こころで考察せよ、、

 

 

 

さあ、価値の本質を悟れ、、ナニヲスルノカ、、、

 

 

 

 

 

 

 

やさしくする・・?

 

 

 

 

今回は上手く半トランス状態で考察できた。

 

 

最近、ダイエットも兼ねて断食を18時間~24時間と、大体ですが毎日一食にする挑戦をしています。その成果かどうかは分りませんが、趣味でもある瞑想が少し軽く感じるようになってきました。

 

 

今回は、自己の統一性を持ったワクワクについて瞑想思考してみましたが、

 

どうやら筆者の統一性を持ったワクワクは、「やさしくすること」だったみたいです。

 

 

 

瞑想後半は、胸が熱く、恥ずかしいのですが涙が止まらない状況でございました。

 

 

 

自己診断にはなるのでございますが、現実での筆者は、少し頭でっかちな理論派で自分の正義にこだわりが強く、自分でも少し怖いと感じる時があります。

 

 

やさしさとは、神様のスキルだと思います。

 

 

強さ、賢さなどを極めるか、さしおいても届かない高次の能力だと思います。

 

 

やさしさを表現する事が私のワクワクであるのならば、、

 

 

それは、本当に誇りに思えるぐらいに嬉しいことでもございます。

 

 

 

統一性を持ったワクワクとは、これほどシンプルなものなのか、、

 

 

今回は、バシャールの実践において基本中の基本となる「自己のワクワク」について瞑想を使ってとことん本質まで迫ってみましたが、、

 

導かれた答えなるものが、「やさしくする」だなんて、とてもシンプルであった事に感動しました。

 

 

日々生きる中では、すりこまれた概念からのワクワクを装った「今やりたい事」は無限に生まれてきます。

 

 

偽のワクワクに、はめ込まれて翻弄される事も、まあ楽しい事ではございますけれども、、瞑想を練習し

 

 

バシャールの言うところの「統一性を持ったワクワク」を深く考察する事で、人生の分岐点をシンプルに軽やかに選択していけるのではないでしょうか、、

 

 

では、みなさんの創造する時間の中でお使い下さいませ、、

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。