ファスティング「一日一食」のはじめ方。食いしん坊な僕にもできた楽ちんスタート法(デブ編)

 

「一日一食」でのシンプルな生活には、本当に奇跡が凝縮されています。

 

その効果は、今更書くことでもございませんが、多くの良い効果がある事は確かです。数ある良い効果のその中でも、筆者が特筆したいと思うものは、、筆者には「効果」というよりも「奇跡」に近いものです。

 

● 幸福感を感じる能力が増す

 

● 行動力がます。(まめになった)

 

この2点に尽きるのですが、、実際、今、これらの事に嬉しくなっていて

もう「一日一食」生活から抜け出せそうにはありません。

 

 

ファスティング(一日一食での断食)生活も、はや1か月半になりました。

10kg痩せても、まだまだデブなULIBUDDHAです!こんにちは。

 

今回は、人によっては難しく思われがちな「一日一食」をスタート時から、上手に軌道に乗せていく方法を公開いたしましょう!

恐らく、この方法を使えば、誰だって「一日一食」の流れに乗ることができると思います。何せ、一日五食ぐらい食べていた筆者でも出来ましたのでございますから、普通に一日三食を食べる方であれば余裕で可能だと確信しています。

 

そしてこの、ふざけた方法は、信じられないほど簡単すぎますので、これを公開してしまった筆者は、ファスティング(断食)利権の連中(船瀬先生とか)に嫌がらせされるかもしれませんが(笑)、、

もしこの方法を、筆者の有料noteに掲載したものなら値段はもちろん、5万円にします、、冗談ではなく本気です。

 

そのくらい、シンプルで力強い方法でございますので「一日一食」また断食を始めたいのだけれども、「なかなか続かない」または「始め方がわからない」という方は、是非騙された思って一度やってみて下さい、

 

やり方は極めて簡単です。1・2・3のサイクルで終わりです。

 

 

 

 

 

1 まず、朝ご飯を抜く。

 

● やると決まったら、次の日から朝ご飯は食べないで下さい。

 

● 野菜ジュースやスムージーなど軽い流動食はOKです。

 

それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

2 お昼は、食べ放題で限界まで食べる。(流れに乗るまで)

 

これは、この方法で最大の頑張りが必要な部分でございます。

 

● もちろん、家で食べても、お店で食べても良いのですが、ここでの約束事は、炭水化物をなるべく避けて、食べれるだけ食べる、自分の限界まで食べると言う事です。

 

● お勧めは、「しゃぶしゃぶ」や「焼肉」食べ放題のお店に行ったりして、炭水化物を避けながら自分の限界までたべます。コツは食べ過ぎてしまう事です。

 

炭水化物を避けるというのは、そんなに完璧にしなくてもOKです。それどころか、肉・野菜に飽きてしまったのなら、別に「パスタ+パン食べ放題」とか「バイキング食べ放題」でも良いのです。要は、「もう要らない・食べ物は見たくない」と思うところまで食べる事です。

これをやると、自然に、楽に晩御飯が要らなくなります。

 

もし、夜にお腹が減って我慢できなくなったら、朝と同様に、野菜ジュースやスムージー、コーヒー、紅茶などを飲んでも構わないし、枝豆や栗などを少し位ならいいと思います。

 

後は、言わなくてもわかりますよね、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

3 1→2→1→2と繰り返す。

 

どうですか? 簡単でしょ

お昼を、食べ過ぎてしまう事によって「一日一食」は、ぐっと身近になるのです。

 

少し続けると、その次は、普通の量の食事でも、これが出来るようになってきます。

 

一日一食を、やっていくと気づくと思うのですが、、睡眠がかなり深くなってくるので、睡眠時間が減る傾向に向かいます。そうなると、起きている時間が長くなるので、やはり、空腹を強く感じたりする時もあると思いますが、その時は無理をせず、自分の好きな軽いもの何かを食べて上手に乗り切ってくださいね、、

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

一日一食でのファスティング(断食)効果は、極めていけば、大体1日に18時間~20時間の断食の効果があると言われています。それを毎日繰り返すのですから、この効果のほどは、容易に想像できますよね、

 

そうそう、ファスティング(断食)の効果についてまだあまり知らないという方は下の記事を読んでみて下さい。

ファスティング(断食)の驚くべき効果と学術的に解明された新事実オートファジー(細胞の自食作用)

 

たった約1か月半のファスティング(断食)で一日一食を実践してきた筆者でございましても、その効果は露骨に表れていて驚愕している次第でもございます。

 

既に、空腹よりも、幸福感・頭のスッキリ感・目に見える減量、などの方が勝り、どんなに美味しそうな食べ物でつられても、もうファスティング(断食)をやめる気にはなれません、、

 

それどころか、丸2日・丸3日という少し長い断食にも挑戦したいと思っています。

 

あと、お恥ずかしながら今オリジナルのスムージー作りに凝っていたりもしています、まさか自分がスムージーなど好きになるとは、そして自作するようになるとは夢にも思いもしませんでした。スムージーなどはバカなセレブの飲み物だと思っていました(笑)。

 

 

とにかくまずは、「一日一食」の流れに乗ることが先決です。好きなお店で好きなお料理をお腹いっぱいに食べる事から始めて下さい、

 

 

また、この生活慣れてくれば、「一日一食」の一食を、お昼から夜に移行する事も簡単です。

 

これほど、楽ちんなファスティング(断食)のスタートは、他にはございませんので、、

 

 

 

おすすめのスムージ

 

断食中でも手軽に栄養補給が出来る「簡単!美味しいスムージー(グリーンスムージー90+)

 

ULIBUDDHAオリジナルスムージー「趣味として研究中、こうご期待」

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。