専業トレーダーの現実的な部分を告白する

 

デイトレーダーの皆さん、こんにちは。

 

今日は、日中トレードの含み益が凄くて嬉しいのだが、、

 

 

逆に専業トレーダーの現実的な部分について書きたい。

 

 

今まで、専業トレーダーのカッコいい部分ばかり書いていたが、今回はより現実的な部分を告白する。

 

 

まず、この若さで専業トレーダーとして家での作業ばかりしていると、、

 

 

 

 

ご近所様から、「あそこの旦那様、失業したみたいでございますわよ!」なんて噂される、、

 

 

当たり前だが、一人でお昼食べにいったり、嫁を迎えに車を出したり、、

 

 

子どもが帰ってきたら玄関に出たりしている筆者は、恰好の噂の的でもある

 

 

それだけなら、まだ良いのだが、、

 

 

完全に、家族にも無職扱いされている、、

 

 

 

お金の事は、別にとしてもだ

 

 

 

洗濯や買い物なんて難易度の高い任務なども、任されたりもするのだから始末が悪い、、

 

 

 

うちは、なかなか理解のある家族で、家族には本当に感謝しているが、この流れは恐らくは止まらない、、

 

 

気がついたら、専業の主夫になりそうで怖い

 

 

 

 

 

家族と言う組織も又、、

 

 

 

 

 

組織と言う点では、他と同じと言う訳なのだ、、、

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。