会社を辞めたいのに辞める事ができないあなたへ

 

最近、少し気になっていることが有る。

 

昔・昔の出来事なのだが、最近ふと思い出して頭から離れない、、

 

SQ戦真っ最中なのに、私事で申し訳なくも感じつつこれを書くULIBUDDHAです、、こんにちは!

 

 

俺もう、会社やめるは・・もういいやってられん・・こんな会社いやや!

 

私の友人でもある同僚は、当時私に何度も・何度もこう言って相談してきた事があった。

 

「もうやめたい!ホンマこの仕事いやや!」何度も、私にこんな風に言ってくるのである。

 

もしかして、背中を押してほしかったのか? それは、もういまとなっては分からない。

 

 

ただ、当時の私は、このメチャクチャ仕事が嫌いで本気で辞めたいと悩んでいる仲の良い友人に対していつもこう言っていた。

 

 

「頑張ろやー」

 

 

まさに、他人事である。まさに黒歴史である。本当に申し訳ない対応だったと思う、、

 

しかし、当時の私には会社を辞めたら不幸になると言う、漠然とした概念を無意識に持たされていたのでしようがない

 

 

手取り30万円

 

当時若かった私には、良い給料だと感じていたし、仕事内容も自分にとっては嫌では無かったし、やりがいも有ったし面白さも感じていたので会社を辞める事なんて考えた事もなかった。当時の私には、仕事が有ることが豊かさだったのだろう

 

それから、年月が経ち、、今度は私自身が会社を辞めるか選択をする事になる。別段、仕事が嫌だと言う理由ではなかったが、一日のほとんどの時間を会社が支配する労働に嫌気がさしたのは事実であり病名を付けるのであれば、まさに中二病である。

 

若き日の私に「がんばろやー」と言われた彼は、私の引き止めにも応じずに結局あの後、すぐに辞めていった(笑)、、

 

私も、「会社を辞めたい!」と言う気持ちを持った時から、十数年前に辞めた彼の気持ちを想像するようになった。

 

あの時、私は少なくとも彼の事を弱い奴だと思ったし、もしかしたら人生の落伍者だと思っていたのかも知れない、、笑える!きっと私が辞める時にも残った者の多くが落伍したと思ったに違いない、、

 

親しい、間柄の方々は、「羨ましい」「私も、後を追います」なんて言葉をいただいたりもしたのだが、

 

 

人にどう思われるか?

 

この問いに対して、仏陀は2500年以上前から答えを教えてくれている。

 

何をしていても、、しょせん、人は何か思うものである。

 

そう、人なんて何か思うくらいしか出来ないのだ・・

 

無能な働き者は、処刑せよ

 

大組織になればなるほどこれが格言となる。

 

 

どうせなら、自分の思いを正直に生きてみたいものである、、

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。