会社を辞めて6か月目 やっと慣れてきた自由と現実創造の関係

おはようございます!新米無職のULIBUDDHAです。

我が家では満開で美しく咲き誇っていた白木蓮の花も全て散ってしまいました、、しかし今年買ってきたばかりの桜には可愛いつぼみが着き、今にも花開きそうになっております。

 

筆者の方も同じく生活を保障する会社員と言う立場を捨てた事からじわじわと派生してくる不安も綺麗さっぱりと消え去り、やっとこの自由を現実に還元する場の入り口に立てたと感じておる次第でございます。

 

やはり、長年毎日行ってきた生活スタイルや考え方は、無意識の中にしっかりとしみついておるものでございまして、目の前に壮大に広がる空間・時間・選択などを急に認識してしまいますと、しっかり心を定めて人生のレールを変更したはずの筆者でございましてもそれなりの摩擦を経験してしまいましたのでこれを書いてみようと思います。

 

 

肩書を失った喪失感、、何者でもない自分に戸惑う

それは十分に覚悟をしていた事でしたが、実際ここに立ってみると、やはり初めは少し恥ずかしいような、、何だか心細いような、、何とも言えない感覚を味わうのではないでしょうか、、

 

あくまでもこれは筆者が感じた事ですが、十分に覚悟を決めていましてもやはり少しの間は通る道だと思います。油断していますと、働き盛りで無職になったわけですから「世間的には良くは思われないだろう」という自らの概念から罪悪感を抱いてしまう事になるかも知れません

 

筆者の場合は関わる方ほぼ全ての方に対し「現在無職である事」を隠さずに話しました。わざわざ自分から積極的に言ったりしませんが、年齢的にも仕事の話になりやすかったので直ぐに付き合いのある方々には伝える事が出来てしまいました。

 

正直「良くやった」と言ってくれた人は一人もいません、、

 

いや一人いました、、

 

それは、自分です。

 

 

何者でもない自分に戸惑う反面、自己の憧れであった「わくわくする道を歩む」その始まりの最初の第一歩を踏み出せたこと、、大人になって初めて本当の自分に会えたこと、、

 

正直これほど静かで大きな喜びは人生で初めてかもしれません。

 

 

迷いは去った、、100%の自分はやはり晴れやかで最強だった

うやむやな気分で半年間会社を休職し自由になったつもりでいた30歳の時の自分と比べて本当に決断して行動した今回との最大の違いは「自分をどれだけ信頼しているか」これにつきると感じる次第でございます。

 

情けないお話にはなるのですが、前回では現在よりも何倍もの投資資金を持ちながらも、、

 

親戚に顔向けできない・・

 

どこかで大負けして破産してしまうのではないか?  ←してるし

 

などなど不安と恐怖が仕事しない事でどんどん大きくなっていく状況下でしたので、不安の大きさ、恐怖の大きさとシンクロして現実もどんどんそんな思いの方向に進んでまいります。

 

「会社で働いて行こう」当時こう無意識の中でそう決めたのかもしれません、、とたんに潤沢だった投資資金は破産して消えてしまいました。勝ち急いだのかどうなったのか、実はよく覚えていないいないのです。

 

思い出そうとすると、あの時、自らの意思でお金を捨てたみたいにも思えてくるのです。

 

しかし、今回は全然違います。

 

専業トレーダー開始から3か月で100万円負けて現在は、その半分ほど取り戻したくらいの局面なのでございますが、前回のそれとはまったく違って不安も恐怖も無く晴れやかな気持ちで心にはワクワクしかありません

 

 

何と言いましょうか、自分に勝ったとでも言うのでしょうか世間に勝ったとでも言うのでしょうか、、

 

 

いや、本当は分かっているのですね、、照れくさくて言いにくいのでございますが

 

 

好きな事をやってる奴が最強!

 

 

別に今に始まった事でもなく、周りを見渡せば実はすぐに分かる事でございます。

 

 

 

読むと絶対に行動してしまう本

少しぐらい準備不足でも行動するために「達成する人の本」勿論無料です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。