オリジナルの仮想通貨ULIBUDDHAを1000000コイン発行しました!良い機会ですので投機としての仮想通貨を考察します。

 

投資家・投機家の皆様こんばんはー

ついに通貨の発行権を施行したULIBUDDHAです。

 

うーん、、この気持ち、何と言いましょうか

 

これでついに筆者もロスチャイルドと並んだみたいでございますねw

しかし、こうやって個人が簡単に独自通貨を発行できる時代が来たという事については、投機のパイオニアを自負して来ました筆者ではございますが、、

驚きを隠しきれません、、

 

今回オリジナルの仮想通貨(実のところ独自トークンなのですが)を創ってみてまず一番に感じたことは、現行の国際通貨であっても実際は紙切れと数字だけだという事実を思い出しました。

 

日本の円も昔は1円が金貨でございました。

まさにリアルな金本位制だったのです。

 

今は違います、、

10万円金貨の30gの方は金の暴騰により額面を金の価値として超えましたが、

これは当たり前のことで

メインの諭吉は紙本位制でございます、

ドルも同じくニクソンさんによって金の裏付けと切り離されました。

それをFRBで、気が狂ったようにどんどん刷るわけですから

刷った分だけ金の方は、、、金は地球上に50mプール2杯分しか無い事になっていますからね、、

 

 

分かってはいたものの、その紙切れに

「みんなで一緒に、紙切れに価値があると信じ込んでいるだけ」

と言う事実をリアルに感じさせられました。

 

信用=お金がお金としての価値を保つ源泉

のはずですよね、、

 

なのに黒やんに異次元の緩和などと称して勝手に好きなだけ印刷されたり、

 

イエレンちゃんは利上げするやら、せんやら、、

 

国家予算が足りないから印刷しましょうか?とか、

 

我々一般個人が、一生懸命に稼いでも集めても、、

 

どんどん、その価値を下げられてしまうのです。

 

労働者から見れば、悪意を持った操作としか思えないですよね。

 

現行通貨の未来が見えてきませんか、、

 

 

ビットコインなどの仮想通貨は、それとは真逆に、これからどんどん信頼を取り戻す予定?みたいですよ

 

B層の代表とも言える筆者の母は、、

「ビットコインなんかいらん、、小太りの外人がTVで誤とったやないかー」

なんて、まんまとメディアを使ったの誘導にどっぷりとはまっておりました。

 

Mt.Goxの件は、少し以上に歪んだ報道だったと思います。

取引所の破綻をまるでビットコインが破綻したかのように報道していましたね

りそな銀行の破綻を日本円の破綻と報道したようなものです。

銀行でさえ、破綻したらペイオフで1千万円しか返ってこないのにね。

 

実にMt.Goxの事件を投機家として鋭い目で考察してみれば、、

 

当時から、既に投機筋はブロックチェーンの信頼性については、十分に理解していた、、と推測w

しかし、日本と言う世界一の金持ち国家を仮想通貨市場に巻き込むには時期がまだ少し早かった。

そう、、投機筋が、まだ仕込み足りていなかった。

 

よって、Mt.Goxの事件を起こし仮想通貨に大きな冷やし玉を入れた

ごっくすでビットコインの信頼性を失わせて

その後で壮大な大どんでん返しが仕組まれている、、

 

もちろん、現在では社長の横領と言う事になってはいるのだが、、?

 

投機家としての見立ては、世間ほどそんなに甘くないです。

 

あの時の下落で筋の玉はしっかりと入っているでしょう、、

 

りそなショックと同じ、、

ケケ中=民間は税金で助けない→大暴落(捨て値)

筋=しこたま仕込む

ケケ中=やっぱり公的資金入れるw→大暴騰(元値より上がる)

筋=ゆっくり高猫で売り抜く

 

ただし、りそなショックから小泉バブルの時も最後の買い手は、、

 

個人

 

株ブームw

 

 

今回のビットコインバブルも世界一の金持ち国家日本が最後の買い手になる可能性は、、

 

 

 

日本の投機資金を巻き込みながら~上昇

 

 

実店舗での利用開始・普及で~上昇

 

 

仮想通貨ブーム ←コレが来たらやばい!!

 

 

おばあちゃんが、ガマ口の財布(ウォレット)を持って仮想通貨を買いに来るぐらいまでは、、

 

もしかしたら、上がっていくかも知れませんね、、

 

 

ただ、歴史的に見ても弾けなかったバブルはございません

 

今まさに、我々投機家の出番なのかも知れません、、

 

 

1BTC以上保有の方には、Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットを強くお勧めする。

 

 

 

◇ULIBUDDHA記念コイン◇ スペック公開!またもや見切り発車で突っ走りました。

では、本記事のメインコンテンツULIBUDDHAコインの紹介でございます。

 

 

総発行量  100000ULIBUDDHA

 

追加発行  無し、永久ロック承認中

*現在は永久ロック完了済!承認済!

 

 

小数点以下での流通  可能

 

実に今のところこのくらいしか筆者にも分かりません、

上の画像では追加発行が可能となっていますが、10万枚で永久ロックを掛けました。

これで、量的緩和も異次元の緩和も出来ませんw

 

何に使うかも全く考えていませんでした。

ただの大人の遊び心で出来上がりました、

流通の方法も取引の仕方もまだ分かりません、、

一応1ULIBUDDHA=77円でチップの設定をしましたので、100円のチップで1.3ULIBUDDHAと交換が可能です。現時点で、皆さんのウォレットがこのオリジナルトークンを取引できる状況なのかもさっぱりわかりませんが、ご興味のある方は一度買ってみて下さい。

 

 

筆者の環境はウォレットがindiesquareで取引所がZaifでございます。

この2つが有ればオリジナルの通貨が発行できます。どちらも、使いやすく最高です。

このウォレットでは、自分だけのオリジナル仮想通貨が簡単に発行できますが、その際にBTCを粉砕する為のXCPと言うカウンターパーティートークンをZaifでは簡単に買うことが出来ますので便利です。

 

皆さんも、オリジナル仮想通貨を発行してみてはいかがでしょう、、

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。