「ビットコインが承認されない問題を裏技で一発解決」期待される次世代の決済手段、しかし実際使いだして分かったビットコインの弱点と解決策

 

ビットコインが飛ばない、亜空間に消えた?2週間も承認待ち

 

ビットコインを利用しだして早半年になりますが、2017年夏、最近手数料が0.0001BTC=30円程度では、ほとんど飛ばなくなってきているようです。

 

 

ある時期から、筆者も気が付かずにいたのでございますが、、

 

いつの間にか「送金」や「受取」りの処理が「承認待ち」のままで

 

どんどん溜まってくるようになりました。

 

気が付けば6個も7個も取引が処理されず「承認待ち」のまま、、

 

この様な問題でお困りではないでしょうか?

 

筆者も慌てて、ググって調べたのですが、、

 

出てくる答えは言うと

 

1時間待ちましょう、、トランザクション処理が、、なんたらかんたら、マイナーがなんたら、、

 

ひたすら待ちましょう、、処理のサイクルが、、なんたら、、かんたら

 

マイナーグループに相談できます、、優先順位の低い、、なんたら、、

 

こんなのしか出て来ません!

 

待ちましたよ!2週間待ちました、、

 

 

が、一向に承認されません!まるで亜空間か時空のはざまでございます!

 

 

答えは簡単、地獄の沙汰も金次第

 

いい加減、「承認待ち」が10処理ほど溜まったところでひらめきました

 

手数料を10倍にしてやろう!

 

ちょうど取引所にまとまった額のBTCを送金する用件が有ったので

 

手数料を0.001BTC(以前の10倍)で送金してみました、これは約300円程の手数料となるのですが、送金手数料を300円も払うなら仮想通貨の値打ちも下がるというものです。

 

「これじゃ完全にモナコインの方がいいや」などと考えながら送金すると、、、

 

何と、それまで溜っていた10件の処理が一斉にすべて「承認」されているではないですか??

 

この瞬間、この「ビットコインが承認されない!」問題は解決しました。

 

答えは、「手数料を300円支払う?」ですよ

 

 

あと、複数の送り先や多数の別処理がある場合には、、

 

0.0001BTC(約30円)の手数料で複数の処理をわざと「承認待ち」状態にして、、

 

最後の処理で0.001BTC(約300円)の手数料を支払うと、、

 

一気にすべての「承認待ち」を「承認」にすることが出来るのです。

 

このテクニックを使えば、

 

全ての取引に対して優先度を高くする「高額な手数料」を支払わなくても、最後の処理だけ300円程支払えば、、複数の取引をまとめて飛ばすことが出来るのです。

 

せっかくの仮想通貨でございます、、

 

安く便利に利用できるものであって欲しいと考える次第でございます。

 

1BTC以上保有の方には、Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットを強くお勧めする。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

相場歴17年目のベテラン投資家。ゴールドマン・サックスの225先物・OPTIONの手口から値動きを指南する「225先物でなにがなんでもGS様を信じてトレードするブログ」の管理人でもあります。2016年秋より会社を辞め、専業のトレーダーに、、ブロガーであり手口解析者、投機手法開発者・アルゴリズム評論家と大好きな事を情熱を持って情報発信していきます。